ホーム > グループニュース > 記事詳細

グループニュース [Group News]

2012.8

小田ゴウセンが小松市産学官研究促進企業助成対象に選定された。8月27日小松市役所で認証交付式が行われた。
対象となったのは全身麻酔時などに患者が低体温となり、免疫機能の低下などを招かないようにする手術着の開発など

認証交付式が2012年8月27日小松市役所で行われた。 対象となったのは全身麻酔時などに患者が低体温となり、免疫機能の低下などを招かないように 着るだけで体温を保持する手術着、検査着の研究開発。福井大学との共同研究費用の一部を支援される。

共同研究の概要
研究開発テーマ:患者の体温を保持できる患者用の手術着/検査着の開発
共同研究機関:福井大学医学部
●麻酔(全身・硬膜外・脊髄)下では体温調節中枢の機能が抑制され環境温の影響を受け低体温となり、免疫機能の低下や合併症を起こし易くなる。
●本開発では加温装置(温水循環マットレス・温風式加温装置)に頼ることを軽減し、患者の体温を保持することで低体温を防止することができる。

平成24年8月27日に行われた
認定書交付式で小田社長が出席

和田 慎司小松市長から
認定書を受理する小田社長

小田ゴウセンとともに支援対象になった、ライオンパワー㈱ 小松パワートロン㈱の各代表と記念撮影

認定証

ページのトップへ