ホーム > グループニュース > 記事詳細

グループニュース [Group News]

2008.4

分繊工場海外拠点・中国無錫(むしゃく)新工場4月稼働。
日本・中国両軸体制で世界シェア80%超へさらにダッシュ!〈小田ゴウセン〉

 小田ゴウセン分繊事業の中国拠点として4月から稼働した無錫新工場は、カーテン縫製工場の上海小田に続く中国での2つ目の工場。正式名称は「無錫小田合成繊維有限公司」。ターゲットは高級インテリア、ブライダル市場で、これにより同市場での国内、海外の両軸体制が確立。世界市場でのクイック対応ができ、すでに80%を占めている世界シェアへの拡大へ強固な基盤整備ができました。
 場所は、上海万博に向けて開通予定の新幹線で上海からわずか20分の便利な立地(錫山開発区)です。敷地約2万㎡、延床面積6,600㎡の工場内に、小田ゴウセングループが誇るオリジナル分繊機械等を整備。総投資額7億円。これで中国での月産50トン生産体制が確立し、同国内の高級インテリア、ブライダル市場への対応が万全に。また新たに複合素材の生産も近々稼働を予定しています。

無錫小田

ページのトップへ