ホーム > グループニュース > 記事詳細

グループニュース [Group News]

2008.1

欧州最大規模のインテリア・雑貨見本市「メゾン エ オブジェ展」(フランス・パリ)へ企画室らスタッフが視察研修。最新トレンド発信へ〈サンコロナ〉

 同時開催の家具見本市と併せ11万人の来場者を誇る同展は、パリ郊外で年2回(1月、9月)開催。この世界的トレンドショーに、今年も企画室を中心に大勢のスタッフが視察研修に行きました。昨年から1万人増の会場内は人の熱気でムンムン。中でも「クリスチャン・フィッシュバッハ」「クリエーション・バウマン」「サコ」など世界の名だたるブランドがそろうテキスタイル特設会場「エディトゥール」は、来場者の熱い視線を独占していました。 今年のテーマは「エコ」ですが、これだけでは売れないので、見た目のおしゃれ感、ユニークなデザインが重要視されています。「既存の意識にとらわれず、テキスタイルが持つ無限の可能性を追求する必要性を肌で感じた」と、早くも最新トレンド発信へ、デザイナーの創作意欲をかき立てています。

ページのトップへ